知っておきたい新亜光学工業の製品

新亜光学工業の得意分野

新亜光学工業の特許技術・光量調節装置関連

新亜光学工業が最も得意とするのは光学製品ですが、その根拠となるのが複数の特許技術です。
そのうちの一つは光量調節装置に関するもので、厚くなりがちな赤外線遮断フィルターを必要に応じた機能性と信頼性を確保しつつ小型化するというものです。
赤外線遮断フィルターには通例ガラスが使われるのですが、このガラス自体が厚手のものなのでまずこの点において小型化の妨げとなっています。
更に、フィルターとフィルターの切り替え機構が必要であるため部品がかさみやすいことに加え、切り替えの際に互いのパーツが干渉しないようにどうしてもある程度のスペースが必要になってきます。
詳細についてはかなり複雑になるので割愛しますが、新亜光学工業の特許では、必要な各種機構を開口部に移動させて干渉させないように配置しつつ収容スペースを設けることで小型化を達成しているようです。

新亜光学工業の特許技術・駆動モーター関連

実を言うと、駆動モーターはカメラのパーツでも重要な部類に入る部品です。
と言うのも、駆動モーターはシャッターを切る際や絞りの開閉など、カメラの機能を使うときに各機構を動かす役割を担っているので、正にカメラ部品における縁の下の力持ちと言える存在なのです。
この駆動モーターは外からは分かりにくいのですが意外なほ動作する機会が多く、周辺のパーツはどうしても摩耗したり外乱が生じたりして大きく負荷がかかってしまいます。
新亜光学工業の特許は、これらの負荷や悪影響を軽減するもので、回転軸を安定させつつ抵抗の少ない回転を実現することで高精度の駆動制御を可能にし、より高い信頼性と耐久性に寄与するものとなっています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ